親知らずの抜歯

診療時間
09:00 ~ 13:00 / /
14:00 ~ 18:00 / /
  • ▲:土曜日の午後診療は、~17:00まで

電話でのご予約

054-260-7000

〒422-8027 静岡県静岡市駿河区豊田1-9-31

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

口腔外科医」が治療を担当

大学病院レベルの
難しい抜歯にも対応できます。

  • CT分析
  • 痛みを抑える伝達麻酔
当日予約可 次のような急な悩み、「即日対応」します 被せ物が「取れた」・歯肉が「腫れた」・歯が「しみる」・歯が「痛い」 当日予約可 次のような急な悩み、「即日対応」します 被せ物が「取れた」・歯肉が「腫れた」・歯が「しみる」・歯が「痛い」

「口腔外科医」が在籍。難症例でも対応。

治療

ドクター

親知らずの抜歯は歯科医師にとっては一般的な治療です。ですが、誰に任せてもよいというわけではありません。

抜歯にはリスクが伴うからです。親知らずの周りには大事な血管や神経が通っています。傷つけてしまうと大きな出血麻痺を起こしてしまう可能性があります。抜歯後の痛み腫れの度合いも、担当する歯科医師によって変わってきます。

抜歯は「口腔外科」の治療なので、その分野に精通した歯科医師にしてもらうのが理想です。当院には口腔外科医が在籍していますので、安心してお任せください。

親知らずの抜歯症例

①水平埋伏歯(すいへいまいふくし)

  • 治療前
  • 治療後

「水平埋伏歯」は抜歯が難しい症例の一つです。横向きに埋まっているため、歯茎を切り開いたり、歯や骨を一部削ったりして抜歯を行う必要があります。

②戦略的抜歯(せんりゃくてきばっし)

  • 治療前
  • 治療後

現在は問題がないとしても、将来的にトラブルになる可能性が高い親知らずを抜歯することを「戦略的抜歯」といいます。例えば、親知らずが原因で歯磨きができない部分が生じている場合や、将来的に顎関節症を引き起こす可能性がある場合がそれに該当します。

痛みやリスクを「最小限」に抑えた抜歯

では、当院で行う親知らずの抜歯の治療体制をご紹介します。

正確な診断を可能にする「CT撮影」

CT1

CTは親知らずやその周囲の骨や神経、血管の位置関係を「3次元的」に撮影できる画像診断装置です。通常のレントゲンでは見えないものも見えるようになります。

CT2

下の画像をご覧ください。
同じ部位をレントゲン()とCT()で撮影したものです。

丸がついている部分が問題の生じている部分です。

CT画像ではしっかり黒い影が出ていますが、レントゲン画像ではそれが確認できないと思います。

  • 比較1
  • 比較2

つまり、レントゲンは得られる情報が少なく、問題を見落としてしまうリスクが高いということです。これは治療の安全性に大きく影響してきます。

当院では「しっかり見える」のCT装置を利用した診査診断を行います。

「広範囲」かつ「長時間」
効かせる伝達麻酔

伝達

親知らずが生えている場所は麻酔が効きにくいため、通常の麻酔だと抜歯の最中に痛みを感じることがあります。
そのため、通常の浸潤麻酔に加えて伝達麻酔という方法も用いています。
通常よりも広い範囲に麻酔を効かせることができ、かつ、麻酔効果が数時間続くため、治療後の痛みも少なくなります

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話でのわせ

054-260-7000

医院住所

〒422-8027
静岡県静岡市駿河区豊田1-9-31

PAGE TOP