削る量が少ないブリッジ

診療時間
09:00 ~ 13:00 / /
14:00 ~ 18:00 / /
  • ▲:土曜日の午後診療は、~17:00まで

電話でのご予約

054-260-7000

〒422-8027 静岡県静岡市駿河区豊田1-9-31

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

ほとんど歯を削らない
ブリッジ治療

歯へのダメージを減らすことで
歯の寿命」を延ばします。

当日予約可 次のような急な悩み、「即日対応」します 被せ物が「取れた」・歯肉が「腫れた」・歯が「しみる」・歯が「痛い」 当日予約可 次のような急な悩み、「即日対応」します 被せ物が「取れた」・歯肉が「腫れた」・歯が「しみる」・歯が「痛い」

「歯をほとんど削らない」ブリッジ治療とは?

ブリッジ

一般的なブリッジ治療は、両端の歯を土台にするため、大きく削る必要がありました。
しかし、それは失った1本の歯を補うために、さらに2本の健康な歯を失うこと意味します。

本当に患者さんのためを考えるのであれば、できだけ避けたいというのが私の考えです。

その代わりになる方法として、当院では「接着ブリッジ」という方法をご提案しています。
従来のブリッジとは違い、ほとんど歯を削らずに治療できます。
詳しくご紹介します。

「接着ブリッジ」

接着ブリッジ

冒頭でご説明したとおり、通常のブリッジは両隣の歯を大きく削り、そこに人工歯を被せるようにして装着します。

それに対して「接着ブリッジ」は、歯の表面をほんの少しだけ削り、そこにブリッジを接着して固定するというものです。

削る量を必要最小限に抑えられるため、歯としての機能を損なうことがありません。
強い衝撃が加わると外れてしまうこともありますが、日常で使用する上では申し分ありません。

特徴1歯をほとんど削らずに済む

特徴2歯の健康寿命が延びる

特徴3短期間で治療できる

特徴4金属アレルギーの心配がない

特徴5外科手術が必要ない

特徴6目立ちにくい

下の表は通常のブリッジと接着ブリッジを比較したものです。ぜひ比較してみた上でご検討ください。

メリット デメリット
一般的な
ブリッジ

ブリッジ
  • 固定力が高い
  • 健康な歯を大きく削る
  • 歯の神経を抜くこともある
  • 歯がもろくなりやすい
接着ブリッジ
接着ブリッジ
  • ほとんど歯を削らない
  • 歯の神経を残せる
  • 固定力がやや弱い

最後に:院長からのメッセージ

ここまで接着ブリッジについてご紹介してきました。
しかし全ての方に適応されるわけではありません

治療を受けるためには以下の条件を満たしている必要があります。

適応条件

ドクター
  • 両隣の歯が天然歯であること
  • 両隣の歯が健康であること
  • 噛み合わせの力が強く加わらない部位であること

ですが、もし接着ブリッジができなかったとしても治療を諦める必要はありません。
健康な歯を傷つけない方法は他にもあるからです。

その判断をするためにも、どうか一度ご相談にいらしてください。
もちろん、治療を押し付けるようなことは一切いたしませんのでご安心ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話でのわせ

054-260-7000

医院住所

〒422-8027
静岡県静岡市駿河区豊田1-9-31

PAGE TOP